News !やっぱり僕は三日坊主?

ウクレレ超初心者の天埜めぐみさんが何か変なことをやり始めておられます。

先日、「三日坊主」というウクレレ練習用オリジナル曲を作って自らウクレレを弾いて歌って、〝ウクレレ通り歌屋本店〟のホームページで公開しました。

今度はそのマイナー・バージョン!

タイトルは、

「やっぱり僕は三日坊主」!

 これもただいま自らウクレレを弾いて歌って録音中です!

やはりイントロは単音でのウクレレ・ソロ。

これがまたなんとも言えない朴訥な感じでたまりません。

前回のブログで紹介した、クリフ・エドワーズの「Stack O Lee」のイントロの4小節のウクレレ・ソロを彷彿させていた「三日坊主」が、マイナー・キーになった「やっぱり僕は三日坊主」で更に朴訥さアップ!

テディー・バーンの初期の頃のギター・ソロを思い出しました。

初心者ならではの音がとても良くて、ウクレレの単音の音を聴かせてくれます。

近日中に「ウクレレ通り歌屋本店」で公開しますのでお楽しみに!

 

Stack O Lee / Cliff Edwards

Stack O`Lee Blues Part 1
そして Part 2

クリフ・エドワーズのSP盤より!
貴重な音源です!

この曲、「Stack O Lee」は他にもけっこうテイクがあります。
僕はとても好きな曲です!

Part 1でのイントロの4小節だけのウクレレのソロがたまりません!
Part 2 ではこの4小節のソロがありません?
どうしてでしょうか?
誰かにやめた方が良いと言われたのでしょうか?

先日、ウクレレ超初心者の天埜めぐみが「三日坊主」と言うオリジナル曲をウクレレで弾いて録音しました。
その時のイントロのウクレレのソロが同じような味を出しています。
(ウクレレ通り歌屋本店で聴けます!http://ukulelestreet.com)

ウクレレの単音弾きって独特な可愛い音なので癒されます。

YouTubeで「Stack O Lee」聴いてください!

https://youtu.be/9dxiZVe_ND8

https://youtu.be/8N4XnoDyXKo

ウクレレを可愛い楽器なんて思っているあなたに!

Lemon Nash ?
レモン・ナッシュ

これ、ウクレレを弾いて歌うブルースマンの名前。

レモン・ナッシュ?
なんか美味しそうな名前だと昔から思っていた。

しかしこのおじさん、ウクレレで泥臭いブルースを弾き語ります。

クリフ・エドワーズもウクレレ観を変えたがこのレモン・ナッシュはもっとウクレレ観を変えた!

ウクレレでここまでカッコイイブルースが出来るんだと感心した。

ウクレレって可愛い楽器と自分で決めつけていたが、レモン・ナッシュのウクレレ・ブルースを聴いて、ウクレレも立派な攻撃の材料になるということが分かった(笑)

ウクレレって小さい可愛い楽器で癒してくれる楽器なんだけどレモン・ナッシュが弾くと癒してくれるどころか、グサグサとコロコロした音が突き刺さってくる。

ブルースという音楽は可愛いウクレレを変えてしまう程の力を持った音楽なんだと改めて分かった!

このレモン・ナッシュのアルバム、「Papa Lemon」はウクレレが好きな人にはぜひ聴いて頂きたいアルバムです。

ウクレレって可愛いと思っていたらいけません!
こういうウクレレもいるんです!

YouTubeで聴けますよ!

https://www.youtube.com/playlist?list=OLAK5uy_lQQ9ocTpO66mjo7o7wDz0dj5M1maOULNA

クリフ・エドワーズに憧れて!

〝ウクレレ アイク〟ウクレレの名手、クリフ・エドワーズを知ったのはもう40年ほど前。
YAZOOのレコードを手に入れて聴いていた。

当時はシカゴブルースなどドロドロのブルースが大好きで、正直なところこのレコードを手に入れた時はピンと来なかった。

しかしロバート・クラムが描いていたYAZOOのレコードのジャケットが大好きだったので、「ハーモニカ・ブルース」などを手に入れた時に一緒に手に入れたと思う。

それがウクレレ・アイク Ukulele Ike (CLIFF EDWARDS) / I’M A BEAR IN A LADY’S BOUDOIR

そして買ってから何年か経ってからよく聴くようになった。

まあ、僕はブルース、ソウルなどコレクターだったので!

僕はギタリストなのでウクレレは聴く程度だったのだが、このクリフ・エドワーズのウクレレを聴いてウクレレに対する見方、聴き方が一気に変わってしまってウクレレを弾きたくなった。

だから僕の頭の中で流れるウクレレ・ミュージックはハワイアンは全く流れず、クリフ・エドワーズのような古いシャズのようなウクレレミュージックだ。

本当にオシャレな歌をうたい、オシャレなウクレレを弾く、素敵なアーティストです!

そして僕は還暦を過ぎた今、クリフ・エドワーズにまたハマり、ウクレレを!

歳を重ねてから聴くクリフ・エドワーズは格別!

ということでこの「ウクレレ職員室」は始まり始まり!

クリフ・エドワーズのことはこれからも頻繁に書くことになるでしょう!

It was 6, but it is almost time for ukulele to reduce by two !